総合広告代理店、専門広告代理店。この2つの違いは何?

総合広告代理店、専門広告代理店。この2つの違いは何?

広告代理店の種類ってどれくらいあるの?

広告代理店とは、大きく分けると「総合・専門・広告主専属」これら3種類に分類されるのです。まず始めに総合広告代理店は原則全ての広告媒体の取扱を行い、企画・制作まで総合して手がける業態です。そして次の専門広告代理店は、「新聞・交通・屋外」が最初に付く広告専門という特定メディアに特化した取扱を行なう広告代理店です。最後の広告主専属広告代理店とは、特定企業の為に「広告」を専門に手がける子会社等を指します。


総合広告代理店、その特徴は?

一般の企業またはお店で広告を出す事を考えた際、仕事の依頼は総合広告代理店または専門広告代理店この2つの選択となります。総合広告代理店の特徴は、さまざまなメディアを取扱う為依頼主の希望に沿った広告を出せるという長所があります。その為、数ある総合広告代理店は依頼主の意向についていくだけではなく一通りの広告戦略のアドバイスを行なってくれます。また、複数メディアを巻き込んだプロモーションを企画出来るのも総合広告代理店の強みですね。


次に専門広告代理店の特徴は?

専門広告代理店というのは、完全メディア側の広告代理店です。その為、担当メディア枠を売る為の営業を行い、もし依頼主がその際に広告を出す事を検討していたなら総合広告代理店へ頼むよりも安くなるのが一般的ですね。企業で宣伝部を持っている所は社内で広告戦略している事もありますのでこの様な広告専門代理店と繋がりを持っておくのが好ましいです。それぞれ広告メディアには特性があり、広告の対象によっては向いてる向いてないが出てきます。そして各メディアの特性を前に出した広告を制作するには様々な知識と経験が必要となります。



代理店の募集とは、商品の販売やサービスの提供などの営業活動を代行してくれる代理店を募集することです。