パソコンのデータを他のパソコンに移すには

パソコンのデータを他のパソコンに移すには

変換ケーブルというグッズがあります

パソコンを使っていると長い間にはパソコンが起動しなくなって廃棄処分にすることがあります。そういうときにはパソコンのボックスを開いてフロントベイのHDDを取り出して保管しておくことも多いものです。現在使っているパソコンのデータを他のパソコンに移したい場合にはUSB変換ケーブルというセットがパソコンショップなどで販売されています。いずれはデータを取り出す場合に使うもので、価格もそう高いものでもありません。これを揃えておくことで先々で重宝します。


余っているHDDを利用する方法やその他の方法

USB変換ケーブルはアダプター付きの電源コードで電源に差し込み、もう一方の側はHDDの背部にあるコネクターに接続します。もうひとつのコードは先がUSBの端子になっていてパソコンの稼働しているUSBの受け口につなぎ、その反対側はHDDの背部のSATAコネクターにつなぎます。2つのコードはセットで使います。つなぐとドライバーがインストールされてドライブ領域に認識され表示されます。あとはこの空いた領域に稼働しているパソコンのデータをコピーして保存し、HDDを切断してから移したいパソコンで同じようにUSB接続してデータをコピーして移すことが出来ます。もう一つの方法としてはUSBリンクケーブルを使う方法もあります。USBケーブルがあれば2台のパソコンをこれでつなぐとマウスでドラッグ・アンド・ドロップすることで簡単にデータのコピー及び移動が行えます。


その他の豆知識としては

余ったHDDを使う方法は日ごろのデータのバックアップもとれるものですから、データを失った際に備えて保管しておくことができます。バックアップ用の外付けHDDとしても使うことが出来ますがクーラーが備わっていないために夏場などはHDDの表面に熱を持つことがありますから注意は必要です。もし内部のデータを保管中にデータを削除した場合には、フリーのデータ復旧のソフトもありますから一緒にデータとともに入れておくといつでもデータの復元を行うことが出来ます。



大容量ファイルを扱う場合の注意点は、やはりファイルサイズになります。たとえばUSBメモリなどに保存する場合、メモリ容量が小さいとファイルをコピーできなくなりますので、事前にチェックしましょう。