成功事例に学べ!現場別フォークリフトの選び方

成功事例に学べ!現場別フォークリフトの選び方

青果市場にピッタリなフォークリフトとは?

毎日、全国の産地から新鮮な野菜や果物が集まる青果市場。ここでも、もちろんフォークリフトが大活躍していますよね。青果市場では、規模が大きいところになると、数十台ものフォークリフトが早朝から市場が閉まるまで、フル稼働しています。いろいろなメーカーから、何種類もの電動フォークリフトが発売されていますが、どれを選べば良いか迷ってしまうところ。青果市場に適しているのは、果たしてどんなフォークリフトなのでしょうか?


食料品を扱う場所には環境に配慮したフォークリフト

全国の青果市場の大半が、電動車のフォークリフトを導入しているといいます。ガソリンやディーゼル燃料によって駆動する車両もありますが、電動車のほうが環境により配慮しているためです。電動車両は、エンジンから排気ガスが出ないので、市場の中に排ガスの臭いが漂う心配もありません。また、二酸化炭素の排出量を抑えることにも貢献してくれます。農業は、地球環境と密接な関係があるので、二酸化炭素排出量をできるだけ少なくしようとしている関係企業も多いんですよね。


電動車両はランニングコストも優秀

青果市場などの、食品関係の現場で、電動車両が選ばれるのは、何もエコロジーの観点からだけではありません。経済的な理由もあるんです。朝から夜まで、フル稼働するので、フォークリフトのタイヤ交換や、パーツの取り換えの費用についても考慮する必要があります。つまり、ランニングコストができるだけ安いということろも、電動車両が選ばれる大きな理由の1つです。購入後、最低でも7年から10年間は使い続けるものなので、部品が調達しやすいことも大切ですよね。



倉庫業を営む企業においてフォークリフトの存在は重要です。荷物の入った多くのダンボールをパレットに載せて、一気に運んだり、棚に納入することができます。