様々なジャンルのフランチャイズの実態を紹介します

様々なジャンルのフランチャイズの実態を紹介します

加盟料が安いフランチャイズは実力主義

加盟料が50万円程度で始められるフランチャイズは、いくつかあります。ハウスクリーニングやカーシェアリングの管理が有名ですね。しかし、これらの商売は完全に実力主義になります。技術を磨く以外に営業力が求められます。折り込みチラシやネットで宣伝しても決定的な集客には繋がりません。ハウスクリーニングであれば、一軒一軒訪問し営業を根気強くする必要があります。加盟料の安さだけで業種を判断するのではなく、現実的に集客ができるかも判断材料に加える必要があります。


ロイヤリティの高い商売は気を付ける

フランチャイズでは毎月ロイヤリティを本部に支払うのが一般的です。ロイヤリティの決め方は、加盟する本部によって違ってきます。同じ業種でも異なる事があるので、加盟する前に入念な情報収集をする必要があります。ロイヤリティには基本的に固定型と変動型があります。固定型は毎月決められた金額を支払うので、売り上げが少ない時は経営が厳しくなります。変動型は売り上げに対しての割合で決められるので、売り上げが少ない時は助かりますが、売り上げが多い時は大きな出費になります。


意外な職業もフランチャイズにはあります

フランチャイズと言えばコンビニや居酒屋を思いつきますよね。あまり周知されていませんが、塾経営やファストフード店もフランチャイズで加盟する事ができます。塾経営は素人でもできる様に完全なマニュアル化にされています。塾講師の経験や学歴も一切関係ありません。生徒を集めた分だけ、売り上げが向上する仕組みになっています。ファストフード店は加盟料が高いですが、簡単に集客する事ができるため、立地の良いお身では2年ほどで加盟料を回収できます。



代理店とは、特定の会社やメーカーの取り扱い商品の販売を契約に基づいて専門的に取り扱い販売する事です。